空き家管理で「空き部屋詐欺」から空き家を守る!

犯罪から空き家を守る方法

最近空き家に関するこんなニュースがありました。

産経新聞 2月1日(水)~一部抜粋~
空き家に侵入して宅配物を受け取ったとして、埼玉県警浦和署は31日、中国籍の住居不詳、無職、藩云博容疑者(22)を邸宅侵入、私印偽造などの疑いで再逮捕した。

ここでは、空き家を使った犯罪から大切な空き家を守る方法をご紹介しています!

犯罪者を踏み込ませない!空き家管理は有効な防御方法

犯罪に使われる空き家の特徴としては、下記のような理由が挙げられます。

  1. ポストにチラシが溜まっている
  2. 検針のための電気メーターが止まっている
  3. ガスのボンベが外されている
  4. 庭がジャングル状態

総合的に手入れの行き届いていない「生活感が感じられない空き家」が、えてして狙われやすいという事が言えますね。

そこで!大切な空き家を犯罪から守る最良の方法として日々の「空き家管理」が挙げられます。

ポストを定期的に覗いて投函されているチラシを処分したり、草むしりや庭木の剪定を行ってすっきりとさせておくと犯罪者を寄せ付けません。

しかし、時間が無くて空き家の管理が頻繁に出来ない方や、遠方にお住いの方など、空き家管理を個人で完璧に行うのは難しいもの。

そんな時は、専門の業者へ徹底した空き家管理を依頼する方法がおススメです!

  1. 定期的な巡回で犯罪者が侵入した痕跡がないかを確認してもらえる
  2. 空き家周辺に不審な人物がうろついていないか目を光らせてもらえる
  3. チラシの整理や、庭の最低限のお手入れで人が出入りしていることをアピールできる
  4. 万が一侵入されている痕跡が見つかった場合、すぐに連絡がもらえ、対処できる

こうして定期的に人が出入りし、人の気配を漂わせた空き家環境を維持することで、犯罪の抑止に繋がります。

しっかり「空き家管理」で犯罪を寄せ付けない環境へ!

今回ご紹介した空き部屋詐欺はもとより、空き家に関する殆どの問題は管理不足が招いています。

福島県郡山市の空き家管理サポート郡山では、犯罪の温床にならないように、人の気配を感じさせる、しっかりとした空き家管理を行っています。

自身での空き家管理に限界を感じている方や、現在管理できていなく、犯罪に対して不安を感じられている方は、ぜひ一度ご相談下さい。

空き家管理サポート郡山では、空家の賃貸や売却に関するご相談も承ります。お気軽にお問い合わせください。