耳寄り!空き家の火災保険は台風・竜巻被害にも有効!

台風による被害は火災保険で補償されます!

幾度となく日本列島を襲う台風や竜巻!

その度に必ずどこかで起こる家屋の被害ですが、火災保険しか入っていないからと、泣く泣く貯金で家屋の修繕を行っていませんか?

でも実は、火災保険で風害にも備えられるんです。急な出費で痛手を被らないように、今こそ火災保険を見直してみませんか?

台風・竜巻から空き家を守るなら「火災保険」!

ニュースで台風情報を見て、庭の飛びやすいものを固定したり、雨戸が壊れていないかチェックしたりと備える事は非常に重要です。

しかし、その備えで本当に大丈夫ですか?

時に自然は思いもよらない大きな被害を及ぼす事があります。

強い風で屋根がめくれたり、あおられた木の枝で窓ガラスが割れてしまったり、時には急に発生した竜巻で車が飛ばされてしまったりと、いくら備えをしていてもなす術がない状況に追い込まれることもあります。

そこで「火災保険」の登場です。実は火災のみならず、台風・竜巻による急な災害に備えられるとっても頼りになる保険なのです。

火災保険で補償される意外な内容とは?

火災保険は文字通り火災に対して補償してくれる保険です。台風や竜巻は一見火災保険とは無関係のように思われがちですが、実は下記のようなリスクにも対応しているプランがありますので、この機会に現在ご加入の火災保険が火災以外にも対応できる保険かどうか見直して、自然災害から空き家を守りましょう。

(1)風災リスク
風災・ひょう災・雪災による損害を補償してくれます。
(2)水災リスク
記録的な豪雨や洪水などで床上浸水した場合の損害を補償してくれます。
(3)盗難・水漏れリスク
自然災害とは少し違いますが、上記以外の偶然な事故による破損等の損害を補償してくれます。

家屋の修繕だけじゃない?家財道具も補償してくれる「火災保険」ってすごい!

竜巻で飛ばされた車も補償!

台風や竜巻にも有効な火災保険。プランやオプションにもよりますが、損害を受けた家屋だけではなく、壊れた家財道具も補償してくれます。

空き家の周辺事情や状態をよく確認して、ご自身の所有する空き家にピッタリな火災保険に加入しておくことが、台風・竜巻による災害に対する良い備えと言えます。


例えばこんな被害が該当します!
(1)台風で屋根が吹き飛んだり、窓が割れた事によって風雨が入り込み、家財道具や電気製品が濡れて壊れてしまった時。
(2)太陽光パネルやカーポートが強い風で傾いたり飛んできた物で傷ついてしまった時。
※太陽光やカーポートはあらかじめ建物の一部に含めておくことが必要です。
(3)自宅の屋根が吹き飛んで隣家の家を壊した時。
(4)竜巻で車が飛ばされて壊れた時。
(5)自宅の屋根が飛ばされて隣家の車を壊した時。

異常気象の多い現代、空家に火災保険は必須です!

竜巻や記録的豪雨という言葉が頻繁に聞かれる近年、大切な資産である空き家を完璧に守るのは困難です。

異常気象の増加に伴い、保険金の支払いも増加しているのが現状です。

ある大手保険会社の風害の保険金の支払実績は数年前に比べて3倍以上、年を追うごとに増加傾向にあるそうです。

あなたの加入している火災保険は安心できますか?

福島県空き家管理サポート郡山では、異常気象の多い現代、あなたの所有する空き家に最適な火災保険をご提案しております。

火災保険のご加入や、見直しでお困りの際はお気軽にご相談ください。


合わせて読みたい!「空家の火災保険」について関連記事はこちら
http://akiya-kanri.info/hoken/

空き家管理サポート郡山では、空家の賃貸や売却に関するご相談も承ります。お気軽にお問い合わせください。